【3/20イラク戦争開戦11年企画】元イラク派遣空自隊員と問う集団的自衛権

【イラク戦争開戦11年企画】
元イラク派遣空自隊員と問う、集団的自衛権
-「有事」に蔑ろにされる人権

 安倍政権は、集団的自衛権の行使容認に向けて憲法解釈
の変更を閣議決定で行うことを表明。今月17日には、自民党
総務懇談会で、議論を行い党内の意見をまとめようとしていま
す。

 「集団的自衛権を行使する」ということは、、自国が攻撃を
受けていなくとも、その同盟国が攻撃を受けた場合、同盟国
と共に反撃に参加する、つまり、日本が直接攻撃を受けなく
ても、米国などの戦争に日本が巻き込まれる、ことを意味し
ます。その結果、どのような事態になりうるのか。卓上の議論
ではなく、具体的な事例を元に検証すべきではないでしょうか。

 本イベントでは、自衛隊イラク派遣に参加した元航空自衛
隊員の池田頼将さん、自衛隊イラク派兵違憲訴訟弁護団の
川口創弁護士をゲストに「集団的自衛権」の危うさを問います。


【日時】
2014年3月20日(イラク戦争開戦から11年)
15時半開場、16時から17時半まで 
*予約は必要ありません。

【会場】
衆議院第二議員会館 多目的会議室

【ゲスト】
池田頼将さん(元イラク派遣空自隊員)
川口 創さん (自衛隊イラク派兵違憲訴訟弁護団)

【資料代】
500円(+カンパ歓迎)

【主催】
イラク戦争の検証を求めるネットワーク
http://iraqwar-inquiry.net/

【ゲストプロフィール】
池田頼将さん
元航空自衛隊員。2006年7月に、自衛隊イラク派遣で派遣された
クウェートの基地内で米民間軍事企業の車両にはねられたが、
適切な治療を受けられず、事故の後遺症が残り、働くことの出来
ない身体となってしまった。2012年9月、国を相手とする国家賠償
請求訴訟を名古屋地方裁判所に提訴し、現在継属中。

川口創弁護士
2004年2月に自衛隊イラク派兵差止訴訟を提訴。 同弁護団事務
局長として4年間、多くの原告、支援者、学者、弁護士らとともに
奮闘。2008年4月17日に、名古屋高裁において、「航空自衛隊
のイラクでの活動は憲法9条1項に違反」との違憲判決を得る。
池田頼将さんの国賠訴訟弁護団のメンバー。

【お問い合わせ】
Email:office@iraqwar-inquiry.net
電話:090-9328-9861(志葉)
[PR]
by nao-takato | 2014-03-10 22:25 | お知らせ/イベント

リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記


by nao-takato