イラク出張報告(2)イラクのアンバール州知事より感謝状!

イラク出張初日の5日、新しくできた心臓ケアセンターでアメリカからの医療チームが行っていたオペの様子を見学した後、このミッションに関わった人たち全員でアンバール州知事を訪問しました。私個人としては、知事にお会いするのは2回目です。2009年にお会いした後、知事は爆弾の標的になり、片手を負傷しました。それでも、仕事を続ける不屈の人であります。

今回のファルージャ医療ミッションには実に多くの人たちの尽力がありました。

実際のオペとトレーニングを実施した米医療NGO:
For Hearts and Souls

イラク国内での医療ミッションをコーディネートした米NGO:
Preemptive Love Coalition

イラク保健省との交渉などを一手に引き受けたイラクNGO:
Living Light International

米NGOとファルージャの医師をつなげ、医療チームの渡航費を工面:
Iraq Hope Network (=イラクホープネットワーク)それは、このイラク支援ボランティアにご協力いただいた日本のみなさま、そしてファルージャのプロジェクトパートナーであるワセックです。

b0006916_18153564.jpg
アンバール州知事(中央)を囲んで。しかし、この写真のアングルは…(^^;) 誰かね?撮ったのは…lol

後日、アンバール州知事から感謝状が届きました。
まさに…Coalition! Partnership! with NO weapons! (武器なしの連合、パートナーシップ)
イラクホープネットワークを代表して、
わたくしタカトオとワセックが皆様に代わって拝領いたしました。
ご協力ありがとうございましたm(_ _)m
そしてありがとうございました(^人^)
b0006916_18221333.jpg

いつか、日本の医療チームと「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」(!?)したい…新しい夢です(^^)
[PR]
by nao-takato | 2012-07-15 18:50 | 支援/プロジェクト

リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記


by nao-takato