イラクのママもがんばってます(^^)

<支援対象>
在ヨルダンイラク難民の6歳男児

<支援内訳>
人工肛門用バッグ(10袋入り)×7箱         315JD
超薄型皮膚保護シート(10枚入り)×7箱       280JD
デジタル血圧計                    50JD
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計                        645JD(=908ドル)

サーレの様子をご報告します。
サーレについてはこちらをご覧ください。

b0006916_3304325.jpgb0006916_3311047.jpg
白い箱が人工肛門バッグ。青い箱が皮膚保護シート。しかし、どちらも高額でたまげた!1箱5,000円近くするのね!バッグもシートも…10枚しか入ってないのに…。1日に2回取り替えるとして、月に各6箱は使うわけで、これだけで毎月6万円はかかる。これは組織のサポートが必要だと思うのでした…。右はデジタル血圧計。

b0006916_333533.jpgb0006916_3322364.jpgサーレは生まれつき膀胱と腸がくっついている。お腹には、生まれた時につけたのと、9月につけた新しいのと、2つの人工肛門がある。一方にバッグをつけるけど、もう一方もちゃんとケアしないといけない。感染症を起こしたら困るから。ママはよくがんばっていると思う。

b0006916_356088.jpg普段はサーレは、両手で部屋の中を走り回ってる。妹のリタージとは”トムとジェリー”みたいに仲良くケンカしてる(^^) お気づきかもしれませんが、妹のリタージが眼鏡をかけています。やっぱり、医師に言われていた通り、頭蓋骨が視神経に触っている影響が出てきているようです。


UPDATE:
昨日、サーレのパパに銀行にもう一度行ってUNHCRからの生活費サポートの確認をしてもらいました。結果、12/5〜支給してもらえることになったそうです!これでダメならUNにコンタクトしようと思っていました…。

家族は6月にヨルダンに来てすぐにUNHCRに難民登録をし、UNから7月から生活費を振り込んでいるので指定銀行にキャッシュカードをもらいに行くようにというメッセージをもらっていました。ところが、銀行から「名前がありません」と言われ、まだ一度も生活費を支払ってもらっていませんでした。これで、やっと生活の基盤を整えることができます。

こういうことは時々あるようです。他にも、もらったキャッシュカードがATMで使えないなど…。

生活費サポートは、家族4人なので毎月およそ200JD(22,000円くらい)がサポートされるはずです。ヨルダンは物価が高いので、家賃と光熱費でほぼなくなり、食費をどう捻出するかというのがここでのイラク難民の生活です。しかし、たいていは学費を払ったり、医療費がかかったりで、相当に生活は厳しいです。サーレの場合は、医療費が相当かかります。今のところ私たちボランティアが協力してなんとか今年いっぱいの分は確保できていますが、大手組織にカバーしてもらえたらと思います。現在、国際NGOのカリタスがサーレの医療支援を検討しています。

イラク支援カンパへのご協力ありがとうございます<(_ _)>
今後ともよろしくお願いいたします。

◆◆◆寄付金振替先◆◆◆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
郵便振替口座番号:02750-3-62668
加入者名    :イラク支援ボランティア 高遠菜穂子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※このカンパは全額、支援物資の購入、輸送費、現地人件費、医療支援、食料支援などに充てられます。
[PR]
by nao-takato | 2011-12-01 04:58 | 支援/プロジェクト

リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記


by nao-takato