やっぱり、軍事費。

先月、UNHCRは来年2010年の1月からヨルダンとシリアのイラク難民へのサービスをカットすることになるだろうと発表していた。理由は、予算が集まらないから。サウジアラビアが500万ドルを寄付したけど、それ以上寄付が集まらなければ、支援カットはやむを得ないということだ。

UNHCR funding shortfall for Iraqi refugees

と、今度はアメリカの支援組織IRDが、11月でヨルダンでのイラク難民支援プログラムを止めるって言い出したよ!とヨルダンからメールが来た。

イラク難民のおかれている状況は悪化している。
時間が経てば経つほど、危機的状況になっている。
国内外で数百万人が路頭に迷ったままなのに、国連や組織が手を引いちゃったらどうなるのか??

やっぱり、軍事費を削ってほしい。
軍事費どんだけかけても安全なんか手に入ってないし。
かえって危険になってるし。
テロと戦って、テロ増やしてるし。

世界中の軍事費を確か1%削るだけで、世界中の子どもたちが教育を受けられるって国連事務総長が言ってたじゃない。
もう1%削って世界中の難民に食料をお願いできないかしら?
さらにもう1%削って、貧困撲滅を目指すのに使ってくれないかしら?
さらにもう1%削って、地球温暖化対策に充ててくれないかしら?
たのむよ、ほんとに。。。
[PR]
by nao-takato | 2009-08-27 05:02 | イラク全体

リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記


by nao-takato