それでも、爆弾、銃撃、死者あり。

本当に、ラマディはとても治安が良くなったと言えます。ですが、滞在中にバグダッドでは死者100人を超える爆弾事件が連日起き、治安の良いラマディ市内でも米兵が1人狙われ、爆弾事件は2回ありました。が、ラマディでのこの爆弾事件は空き地で起きていて特に死傷者は出ていません。おそらく過激派グループが「われわれはまだいるぞ」というアピールだと考えられますが…。

今月に入ってから、ラマディやファルージャでも日本やアメリカの政府関係者の車列が銃撃される事件が発生しているようです。日本では報道されてないようですが。
[PR]
by nao-takato | 2009-05-29 01:42 | ラマディ/ファルージャ

リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記


by nao-takato