イラク・ホープ・ダイアリー

iraqhope.exblog.jp
ブログトップ

7.18緊急開催「安保法制で日本と世界は平和になるか?」

7月18日(土)は渋谷で、元内閣官房副長官補の柳澤協二さんと安保法制についてトークします。
柳澤さんは旧日米ガイドライン作成に関わり、
自衛隊イラク派遣と、私たちの事件の政府担当者だった方です。


イラク戦争の検証を求めるネットワークのサイトはコチラ↓
http://www.iraqwarinquiry.net
■  [PR]
# by nao-takato | 2015-06-25 00:00 | お知らせ/イベント

【声明】安保法制に強く反対し、撤回を求めるため、私たちひとりひとりが行動することを呼びかけます。



声明の全文は下記サイト(お知らせのページ)にも掲載しています。
※重要な部分を太字にしてみました☆

イラク戦争の検証を求めるネットワーク
http://www.iraqwarinquiry.net

フェイスブック
https://www.facebook.com/Iraqwarinquiryjp

ツイッター
https://twitter.com/isnn_
■  [PR]
# by nao-takato | 2015-06-19 20:46 | お知らせ/イベント

3/21(土)イラク戦争12年企画:映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』2回上映2回+トークセッション

まったく楽しい話はないですが、かなり日本も切羽詰まっておりますので、ぜひ。
ちなみに私は、このイベント後に新宿ロフトプラスワンでさらにイラク、シリア談義いたします。
新宿ロフトプラスワン スケジュール


■  [PR]
# by nao-takato | 2015-03-13 02:05 | 支援/プロジェクト

3/21(土)11:00~18:00 "イラク戦争なんだったの!? 2015"@青山学院大学 


(写真上:イラクアンバール州ハバニヤのファルージャ避難民の子ども。2014年はイラク戦争後、最悪の年となった。1年間で200万人以上が国内避難民となった。帰れるあてはない。撮影/現地スタッフ 2014年12月)

*****************************

       イラク戦争なんだったの!?2015
     イラク戦争12年から溢れ出た世界の危機

*****************************

 この3月20日で、イラク戦争の開戦から12年。自衛隊のイラク撤退後、日本の人々がイラク戦争を忘れ去った間に、現地の状況は混乱を極め、昨年はイラク政府によるイラク西部への空爆、IS(イスラム国)の台頭など、これまでの現地の問題が一気に深刻化、拡大するなど、改めてイラク戦争の災厄の大きさを世界に示しました。

その一方で、日本では、イラク戦争支持・支援の反省すらないままに、集団的自衛権行使や自衛隊の海外派遣の恒久化が推し進めら れています。イラク戦争から12年目の日に、この間現地で活動してきた高遠菜穂子さん、佐藤真紀さんらが、日本では充分に報道されないイラクの今を語ります。

また、自衛隊の活動に詳しい東京新聞の半田滋記者をゲストに招き、自衛隊イラク派遣の現実と安倍政権が進める武力行使について聞きます。

 イラク戦争の災いを前に世界が再び「対テロ戦争」へと突き進んでいく中、何も知りさえせずに日本が「戦争できる国」となっていくことが、いかに危険なのかを、徹底議論します。

【日時】 2015年3月21日(土)
    午前11時スタート、18時まで
    映画上映1回目(11時から)、2回目(13時から)
    トークセッション(15時から)

【会場】 
青山学院大学・青山キャンパス 2号館 2階223号室 (200名)
会場アクセス
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
キャンパスマップ
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

【映画】綿井健陽さんの「イラク チグリスに浮かぶ平和」を2回上映
『イラク チグリスに浮かぶ平和』公式サイト
    
【トーク出演者】
半田滋(東京新聞論説・編集委員)佐藤真紀(JIM-NET事務局長) 
高遠菜穂子(エイドワーカー)志葉玲(ジャーナリスト)

【資料代】
映画&トークセッション 1500円
映画orトークセッションだけ 1000円

【主催】
青山学院大学人権研究会、
イラク戦争の検証を求めるネットワーク

【お問い合わせ】 
電話 090-9328-9861 メール reishiva*gmail.com
(*を@に換えて送信してください)
■  [PR]
# by nao-takato | 2015-03-07 19:46 | お知らせ/イベント

今晩から山に籠もります。

今年2014年は、
始まりから終わりまで、
ずっと悲しい年でした。
あまりにたくさんの友人たちが、
傷つけられました。
命を奪われ、
家を奪われました。
悔しくて、悔しくて、
文字を打つだけで涙が出てきます。

もう解決策など見つからない。
すべてを投げ出してしまいたい。
そう思うこともありますが、
そういう選択肢は出てきません。
でも、続けるためには、
心の整理が必要みたいです。

聖夜から10日間、
瞑想に入ります。

メリークリスマス
そして、良いお年を…!
新しい年にまたお目にかかります。

高遠菜穂子
■  [PR]
# by nao-takato | 2014-12-24 13:37 | 心/瞑想

【日本の若者たちへ伝えたい】11/19~27元海兵隊員ロス・カプーティ氏スピーキングツアー

いつもイラク報告会では、
私がこれまで出会ったイラク帰還兵のアメリカの青年たちの話をしてます。
苦しんでる彼らと話してみて思ったこと。
きっとみんな、いい青年、いい息子、いいお父さんだったんだろうなって。
今もアメリカでは、
帰還兵の自殺が大問題になっています。

イラク報告会では、
アメリカにある帰還兵病院を取材した時の話もしてます。
そこには身体の一部を失った20代からおじいちゃんまでがいました。
第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、
そしてイラク、アフガニスタンまで。
あらゆる世代の兵士たちが、
身体のリハビリと心のケアを受けていました。

みなさん、
高校生、大学生のみなさん、
ロスに会ってみてください。
みんなのちょっとセンパイ(パイセンねww)の話。
30歳のロスが思ってること。
直接その声を聴いてみてください。

この出会いをつくること、
「中年」の私たちから、
若いみんなへの贈り物。
そんな思いで企画しました。

新しいフライヤーができました!
ぜひ裏面を読んでみてね☆
制作に関わってくれたヨシノリくんとその仲間たち、
ありがとう!


■  [PR]
# by nao-takato | 2014-11-15 18:34 | お知らせ/イベント

11/19~27元海兵隊員ロス・カプーティ氏スピーキングツアー

23日(日)は奈良でもやることが決定しました!
詳細はしばしお待ちくださいませ<(_ _)>
中高生、大学生のみなさんに、
ぜひ、ロスの話を聴いてもらいたいと思ってます。


企画・主催 イラク戦争の検証を求めるネットワーク
お問い合わせ先 志葉 玲 (メール reishiva*gmail.com / 電話090‐9328‐9861)
※メールアドレスは*を@に換えて送信してください

■  [PR]
# by nao-takato | 2014-11-08 23:59 | お知らせ/イベント

【お知らせ】11/19~27元海兵隊員ロス・カプーティ氏スピーキングツアー

イラク戦争、集団的自衛権行使を問う
元米軍海兵隊員ロス・カプーティさんスピーキングツアー


秘密保護法を施行しようとし、
集団的自衛権行使に向けた法整備が行われようとしている日本。

今、若い世代の間では将来自分が戦争に巻き込まれるかもという不安が広がっています。
一方で、就職難などから自衛隊への入隊を希望する若者たちも増えているようです。

そんな中、イラク戦争検証を求めるネットワークは、
元米軍海兵隊員のロス・カプーティさんを招聘。
東京、京都、神戸、名古屋、大阪など各地でスピーキングツアーを行います。

ロス・カプーティさんプロフィール
1984年生まれ。米軍によるイラクでの最悪の虐殺とされる2004年11月のファルージャ総攻撃に米軍海兵隊員として参加。そこでの経験はカプーティさんを反戦運動へと駆り立てました。罪悪感に苛まれ、軍服を燃やしたカプーティさんは、「The Justice for Fallujah Project (ファルージャの正義プロジェクト)」を設立。同プロジェクトには、言語学者・社会哲学者のノーム・チョムスキー教授など米国の著名な反戦活動家も参加、米国の戦争犯罪の犠牲者との連帯を促進し、米国によるすべての戦争と占領を終結させるため活動しています。また、イラクの戦争犠牲者への「ISLAH -Reparation Project-(イスラーハ -償いプロジェクト-)」の共同設立者となり、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子さんの協力も得ながら難民・国内避難民支援や医療支援を行うと同時に、和解、平和構築などにも取り組んでいます。

ロスさんから日本の若者達へ伝えたいこと
彼はどんな青春時代を過ごしたか、
どんな想いで軍に入隊したか、
ファルージャでどんな経験をしたのか、
どんな想いで軍服を燃やしたのか。
自身の体験を中心に、
帰還兵のPTSDについてなどを、
日本の若い世代に向けて、
お話してもらおうと考えています。

また、イラク現地への支援と交流を続けている立場から、
現在、国際的に問題となっている「イスラム国」にどう対処すべきなのか、
武力行使しかないのかも語ってもらいます。

そして、あの凄惨なファルージャ総攻撃から10年という節目、
開戦以来イラクは最悪の状況となり、
世界はさらなるテロの脅威にさらされている中で、
ロスさんが「償いプロジェクト」を行っていることの意味、
戦争を起こしてしまった国の人間が、
戦争被害にどう向き合い、
どう行動していくか、
その実践についても語ってもらいます。

企画・主催 イラク戦争の検証を求めるネットワーク
お問い合わせ先 志葉 玲 (メール reishiva*gmail.com / 電話090‐9328‐9861)
※メールアドレスは*を@に換えて送信してください

ロス・カプーティさんスピーキングツアー予定

【東京・記者会見&院内集会】
2014年11月20日(木)17:00~19:00
衆議院第二議員会館の第7会議室
主催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク

【京都】
2014年11月21日(金)18:30~20:30(交流会あり)
かぜのね 多目的スペース
http://www.kazenone.org
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク 市民社会フォーラム

【兵庫】
2014年11月22日(土)17:00〜19:00(交流会あり)
元町会館2階「黒の小部屋」(元町映画館2階)
http://www.motoei.com
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   市民社会フォーラム

【奈良】
2014年11月23日(日)18:00〜20:00
土庫病院4階研修室
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   ロスさん&高遠さんと語る会

【名古屋】
2014年11月24日(月)18:30~20:30(21:00まで延長可能)
名古屋第一法律事務所 3階会議室(名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル)
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 元原告&元弁護団有志

【大阪】
2014年11月25日(火)18:30~20:30
会 場 エルおおさか709号室
資料代:1,000円 (学生無料)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   市民社会フォーラム
   WSFおおさか連絡会
   イラクの子どもを救う会

【東京・シンポジウム】
2014年11月26日(水)19:00~21:00
明治大学研究棟2階 第9会議室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
資料代:1,000円 (学生無料)
パネラー:柳澤協二、谷山博史、ロス・カプーティ
ファシリテーター:志葉玲
イラク現状報告:高遠菜穂子
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   社会思想史研究会
■  [PR]
# by nao-takato | 2014-11-05 20:54 | お知らせ/イベント

ニナワ避難民への緊急支援inクルド自治区(2014年8月12〜24日)



8月12日にイラククルド自治区に緊急支援の調整に行ってきました。

アルビルとドホークの避難民およそ1,100人を対象に
100万円分の支援物資を届けることができました!


脱水で死者が続出していたことから、
避難所となっている学校へクーラー14台、
大型水タンク3本、
木の下で野宿している避難民へテント一式を8セット。
マットレスと枕を200組。
その他、食料、下着、
赤ちゃんのミルク、紙おむつ、生理ナプキン、
石けん、ガス調理器などを届けることができました。

これは、日頃より「イラク支援カンパ」にご協力いただいている皆様のおかげです。
心より厚く御礼申し上げます。

【背景】
8月7日、超過激派「イスラム国」が、
イラク北部のカラコシュ(イラク最大のキリスト教徒の町)に侵攻。
イスラム教への改宗もしくは人頭税を払うことを強要。
ほぼすべてのキリスト教徒が着の身着のまま町を脱出し、
クルド自治区アルビルのアンカワ地区(ほとんどがキリスト教徒)に押し寄せました。

また、ニナワ州北部のシンジャルではヤジディ教徒が「イスラム国」に追われ、
数万人が山の上に避難。
今回出会った避難民もみな、山の上で1週間、10日間を過ごして生き延びた人たち。

国連の報告では、
今年に入ってからのイラクの国内避難民は160万人を超えており、
そのほとんどがこのクルド自治区で受け入れられています。
先月8月だけでも60万人が避難民となったとのことです。
また、クルド自治区はすでに23万人のシリア難民も受け入れています。

■アルビル

<支援対象>
アルビル市内アンカワ地区の避難民900人
(主にクリスチャン、少数のシャバックとカカイヤ)

<支援内容>
ウォータークーラー14台
大型貯水タンク3本
下着、紙おむつ、粉ミルク、おしりふき、生理用ナプキン、人工肛門バッグ(1名分)
腎臓結石患者の緊急オペ一部費用400ドル

<支援総額>
5,394ドル

写真はコチラにあります↓
アルビルのある学校の避難民

アルビルの建築現場の避難民

アルビルの建物の玄関下の避難民

■ドホーク

<支援対象>
クルド自治区ドホーク市内とその郊外の避難民226人(主にヤジディ教徒)

<支援内容>
テント8張
マットレスと枕200組
下着、紙おむつ、粉ミルク、おしりふき、生理用ナプキン、石けん、ガス調理器5台

<支援総額>4,576ドル

ドホークの写真はコチラにあります↓
ドホーク市内の道路や建設現場の避難民

事態は一向に良くならず、
さらに広範囲で緊急支援が必要となっております。
引き続き、皆様のご支援ご協力を賜われれば幸いです。

緊急支援、プロジェクトへのご協力
ありがとうございます。


◇郵便振替◇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
郵便振替口座番号:02750−3−62668
加入者名    :イラク支援ボランティア 高遠菜穂子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇ゆうちょ銀行◇
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金融機関コード:9900
二七九店(ニナナキュウ店)
店番号:279
(当座)0062668
イラクシエンボランティア タカトオナホコ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このカンパは全額、支援物資の購入、輸送費、現地人件費、医療支援、食料支援などに充てられます。
※私個人の現地渡航費などには充てていません

合掌(^人^)

高遠菜穂子
■  [PR]
# by nao-takato | 2014-09-02 01:01 | 支援/プロジェクト

7/22 イラク緊急報告会〜イラクでは何が起きているのか?〜

***************************************************************
          イラク 緊急報告会
      〜イラクでは何が起きているのか?〜

      日時:2014年7月22日(火)18時半~
      於:ピースボートとうきょう(高田馬場)
***************************************************************

イラク戦争開戦から11年。
今まさに崩壊の危機にあるイラク。
再び国内避難民は世界最大規模の120万人超。
この半年間で少なくとも死者7,000人が暴力の犠牲になっている。
ISISとは何か?
スンニ派市民のデモはシーア派政権に何を求めていたのか?
報道だけでは見えてこない市民の声を集め、
イラク戦争がもたらしたもの、
国際社会が今すべきことを考えます。


***************************************************************
■「イラク緊急報告会」概要
***************************************************************

日時/2014年7月22日(火)18:30~ (開場18:00)

会場/ピースボートセンターとうきょう
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
    TEL: 03-3362-6307
    JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分

資料代/500円 (事前申込不要)

共催/ピースボート http://www.peaceboat.org/
   イラク戦争の検証を求めるネットワーク http://iraqwar-inquiry.net/
   認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ http://hrn.or.jp/
   日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET) http://www.jim-net.net/
   イラクホープネットワーク http://www.iraq-hope.net


<現地取材報告> ジャーナリスト 安田純平

2014年4月から5月にかけてイラクを取材。部族の軍事評議会、ナジャフのイラク軍
兵士の遺族、ファルージャ病院の医師へのインタビューや、サマワ市民の声など、
メディアが伝えない現地の様子を最新映像を交えて報告します。

<緊急支援報告> エイドワーカー 高遠菜穂子

昨年末にアンバールの情勢が一気に悪化し、短期間に40万人の避難民を出した
ファルージャとラマディ。イラク支援を支えてくださっている皆さまからのご寄付と
ピースボートの協力で、900家族以上に食料などの緊急支援物資を配付できました。
今後の人道支援継続は可能なのかを考えます。

<イラク情勢に関する声明> ヒューマンライツ・ナウ事務局長・弁護士 伊藤和子

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、昨年末からのイラク西部アンバールにおける
戦闘激化と、イラク政府軍の病院攻撃や無差別攻撃を非難する声明を、
今年1月と3月に発表しました。国際社会にできることは何かを問いかけます。

2014年1月20日発表(英文)
http://hrn.or.jp/eng/news/2014/01/22/iraq-call-for-an-immediate-stop-to-indiscriminate-attacks-in-anbar-province-that-have-resulted-in-civilian-casualties-and-thousands-of-idps/

2014年3月5日発表(英文)
http://hrn.or.jp/eng/news/2014/03/05/iraq-hrn-calls-for-all-parties-in-the-conflict-to-refrain-from-attacks-against-civilians-and-urges-an-international-inquiry-to-investigate-grave-human-rights-violation-in-anbar-province/


≪ 問合せ先 ≫
ピースボート ( https://z112.secure.ne.jp/~z112116/contact/ )
イラク戦争の検証を求めるネットワーク ( office@iraqwar-inquiry.net )
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ ( info@hrn.or.jp )
日本イラク医療支援ネットワーク ( info-jim@jim-net.net )
イラクホープネットワーク ( info08@iraq-hope.net )
■  [PR]
# by nao-takato | 2014-07-06 01:04 | お知らせ/イベント